Home > 開発者・原料が明確

開発者・原料提供会社が明確です!!

トニックBM、ヘアソープBMⅢの原料供給して頂いている別府先生と開発者の衛藤先生です

imge
画像クリックで拡大

キダチアロエ研究の第一人者、藤田保健衛生大学、総長、故藤田啓介博士の意志を受け継いだ別府秀彦博士です。(写真右側の方です)


現在の日本における、キダチアロエ研究の第一人者です。

そして、トニックBM、ヘアソープBMⅢの原料となっているキダチアロエを供給して頂いている、(株)ユリカの代表取締役でもあります。

今も、藤田保健衛生大学付属七栗研究所にて、キダチアロエについて30数年間研究し続け、多くの薬効成分を発見されています。

健康番組で御覧になった方もいるかと思いますが、別府先生はNHK「ためしてガッテン」「午後は○○おもいっきりテレビ」等、現在も多数の番組に出演していらっしゃいます。

{当店のトニックBMとヘアソープBMⅢの原料である「キダチアロエ」は、別府先生の指導の元で毎年土壌検査を受けるなどして、徹底的に管理されています。ご安心ください。}

space

BMシリーズを開発した衛藤先生です

美容歴40年 衛藤美容室 代表 衛藤氏

imge
画像クリックで拡大

1965年   東京堀部美容室に入社。
1968年   青山店 店長就任。 コシノ・ジュンコ 吉永小百合 松岡きっこさん
      等を担当ハナエ・モリ ニコル ビギ等のデザイナー、モデルを顧客
      に持つ。その他、ミセス 婦人画廊 一般誌のヘアを担当する。
1972年   名古屋で衛藤美容室オープン。最年少で日本ヘアデザイン協会の設定
      委員になる。設定委員ICDメンバーとして国内や世界各国で技術発表。
1984年   セバスチャンと協同でヘアマニキュアを考案、開発。その後全国各地
      で発表会を行う。この年、坂東英二さん司会の番組に生出演。
1997年   5月 東海テレビ「元気がいいね」に生出演 6月 リクエストにて再度生出演
1992年  ヘアトリートメント B-Mを考案
1994年   ヘアソープ BMを完成、販売を開始
2004年 藤田保健衛生大学 藤田記念七栗研究所の別府博士(助教授)と協力して
      アロエエキス50%のシャンプー(BMⅢ)とトニックを開発、販売を開始
2006年 加齢に伴う毛髪の変化をV理論として説明
      永年の悲願であった、スタイルを変えることなく根元にパーマをかけ、
      毛流を変えてボリュームを出すボリュームアップパーマを完成
      現在に至る

space

ヘアマニキュアの考案、開発について

imge
画像クリックで拡大

Q:
衛藤先生の経歴の中で、全国の方が一番身近に感じるものは、
やはり”ヘアマニキュア”だと思うのですが、どういった経緯で考案、開発となったのでしょうか?

A:
ヘアマニキュアは元々、アメリカでセロペインというものを使って、髪にコーティングをする、とういう技術だったのですが、たまたまアメリカでそれを実際に体験した日本人方がいました。
一般の方です。その方が日本に帰国後、日本でも出来ないのかと、何と全ヘアケアメーカーに電話したそうです。
当然、全メーカー対応できません。しかし、その中の一社がその後、セロペインを入手し、日本で技術を再現しようとしたのですが、結果は全くダメ・・・それを私が全てを引き受けて、全く髪質の違う日本人向けに、改良に改良を重ね、技術としてお客様に提供できるようにまとめ上げたものが、ヘアマニキュアなんです。
開発当初は当然名前が無く、キューティクルケアトリートメントと呼んでいましたが、その後は、もっと分かり易く、馴染みやすい名前として”ヘアマニキュア”と名付けました。

space

商品開発の原点とは

imge
画像クリックで拡大

初めて美容師として、東京の堀部美容室に入社後、2年半で店長になってしまいました。
店をまかされたといっても、右も左もわからない状況で必死だった訳です。
その必死な状況の中で身に付いた事が”何でも自分でやってしまおう”だったんです。
人に頼る事も大事ですが、忙しい状況では、そんな事いってられません。
それが、いつの間にか店で使っているシャンプー、トリートメントにも影響してきた訳です。
もっと髪に良いシャンプーはないのか・・・やはり市販の商品では、自分の理想とする髪の
状態にする事は無理なんですね。
そうなると”作ってしまおう”となってしまうんですね。
そういった考えの下にBMシリーズがあるのです。

space

最後に・・・リペアパーマの開発について

imge
画像クリックで拡大

今回、衛藤先生から商品開発についてのお話を中心に伺ったのですが、開発に対して話をする時の衛藤先生は、迫力が違います。どれも非常に熱く語って頂きました。
商品に対する熱意が、本当に伝わってくる取材となりました。
現在も衛藤先生は、様々な開発を続けていますが、最近ようやく完成したものは、何と開発期間10年!当然の事ながら、皆さんご存知ではないでしょうが、 ”毛流から変えてしまう新しいパーマ、リペアパーマ”です。
通常、髪の流れ(生えている方向)を変える事はできませんが、このリペアパーマは、髪の根元からパーマをかける事により、それを可能にしました。(特に技術者の方がこれを見ると大変驚かれるそうです。)このリペアパーマも、そう遠くない時期に、ご近所にある美容室のメニューに載っているのではないでしょうか。

愛知県・三重県・岐阜県の方々 是非、「ヘアデザインエトウ」で、リペアパーマをご体験下さい。毎日鏡を見るのが楽しくなりますよ!!一生懸命ブロー・セットしなくても自然にトップにボリュームが出て、分け目も目立ちにくくなり、若々しくなります!!!

メニュー名:リペアパーマ→詳しくはhttp://www.hair-etoh.com/technic.html

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪全国の美容師の皆様へ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

このリペアパーマの技術をものにして、他店と差別化しませんか?
Hair Design ETOHは惜しみなくこの技術を伝授いたします。

≪リペアパーマで出来ること≫

・根元1cmのみに立ち上がるパーマをかける事ができる!
→毛先はそのまま何もパーマがかかってない状態で、根元のみにリッジがでる!
実際みるとびっくりします!(須崎の感想)

・毛流を矯正する事ができる!
→つむじが分かれてしまう・・・こんな困ったを強いパーマをかけなくても
すむようになります。もちろん逆毛も必要なし!です。
(須崎のつむじも分かれなくなりました!これもビックリ!!)

・髪を再生(リペア)させながらの技術です。(髪にハリ・コシ・ツヤを作り出す)
 本当にツヤツヤになりました(須崎の体験より)

私(須崎)も美容師免許を持っていますが、びっくり仰天の技術(やり方)です。
なかなか美容師では思いつかない方法だと思います。特別高い機械を使うわけではありません。
・・・そう、技術なのです。。。一度、話を聞いてみるのもいいと思いますよ(^^)

〈Hair Design ETOHからメッセージ〉
毛流によってヘアースタイルは変わります。
根元にボリュームが欲しい方、つむじが分かれてしまう方沢山みえると思います。
そんな方々の悩みを私達美容師が解決してあげませんか?
講習承ります!!!

〈お問い合わせ〉
Hair Design ETOH 052-834-1125 担当 藤井
HP http://www.hair-etoh.com/technic.html





space

このページのTOPへ戻る▲